新しい作業服の導入の際の注意点

バーニーズニューヨークと言うブランドが好きでよくチェックしています。

同じバーニーズと言う名前で、バーニーズマウンテンドックも実は好きです。(笑)

バーニーズマウンテンドックはウィキペディアによると、アルプスの厳しい気候の中で、牧畜犬、護衛犬としてだけではなく、ミルクや乳製品、農作物等の輸送運搬の際にに車を引くなどの仕事をしていた古い犬種とのこと。

まさに縁の下の力持ちって感じですね。

さて、話は作業服のことになりますが、大企業になると、全員一致の作業着のデザインが必要になります。これって物理的に難しいんではないかと思うかもしれませんが、実際そうなんです。

社内には、既定のサイズでは対応できない体系の人がいる場合も少なくなく、また身体に障害のある社員に対しては、障害の重度や程度の違いにより、デザインを変えたりなどが必要になってくるため、なかなか困難なのです。

かといって、ユニホームを着用しなくてもいいとなると、それはそれで問題が出てきます。

職場環境での意識や士気を高めるためにも、その辺は同じものを着用してもらわなくてはいけません。

作業服を導入する際には、素材やデザインなど、どの程度個別対応が可能か、ということをあらかじめ調べてから導入する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です